2012年10月18日

トーテンポール

実際、君が生きている世界が美しいとは限らないし、正しいとも限らない。

だって、本当のことは知らないしわからない。
想像するしかない。


世捨て人が泥酔して文句を言ってた。
みんな、なんで終電の満員電車で頭に角を刺してる女に気が付かないフリをするんだ。

イマイチ、俺からは顔が浮かばない『みんな』という偶像。

どこから来て、どこへ向かうんだろう。


ポジティブに生きろとか誰其は頑張ってるとか。
悪人だらけの広告党から、メッセージが放たれる。

正しいとされるかも知れないけど、おもしろいとは限らない。


純粋な気持ちを持っている奴ほど純粋に汚されて、純粋に壊れていくのを見た。
真っ直ぐな線なんて実はない。

右手に繊細すぎる感性で出来た剣を持ち、左手に無神経の盾を持つ。

そのうちどっちの手にどっちを持っていたかわからなくなる。


ひねくれきった科学者が偶像破壊兵器、その名もトーテンポールを作った。
彼はポリシーとして動物実験を用いなかった。

金、権力、教祖、『みんな』、普通さぁっていうアタマの文句。

科学者のもとを訪ねてくる人間は、年齢層問わず多感なタイプがおおかった。
中年の女性の層が最も少なかった。

誰それもこの健康食品使ってますよって言葉に溺れる様な層の人間は偶像こそが杖だ。


小学生の訪問者がきた。

彼の偶像とは。

放課後、有志のソフトボールクラブに参加すると真面目で偉いみたいな空気感だった。

やたら熱血に指導する国語教師。

練習のたびに観に来ては、おぼつかない足で文句を垂れる地元OBの老人。
その老人は、週末のたびにお菓子あげるからといって宗教の集いに誘ってくる。

やたらと声を掛け合う同級生。


少年から偶像を取り除いた。



科学者はやたらひねくれていたけど、動物が好きだった。

科学者と動物の関係はいつも対等で、そこに社会性はないからだ。

存在だけが本当のことっていうのがわかりやすくて単純でちょうどよかった。
あとは想像すればいい。


実際、君が生きている世界が美しいとも限らないし、正しいとも限らない。

だって知らないし、わからない。
想像するしかない。
posted by mtbr at 06:59| mtbr.spc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

トーテンポール

実際、君が生きている世界が美しいとは限らないし、正しいとも限らない。

だって、本当のことは知らないしわからない。
想像するしかない。


世捨て人が泥酔して文句を言ってた。
みんな、なんで終電の満員電車で頭に角を刺してる女に気が付かないフリをするんだ。

イマイチ、俺からは顔が浮かばない『みんな』という偶像。

どこから来て、どこへ向かうんだろう。


ポジティブに生きろとか誰其は頑張ってるとか。
悪人だらけの広告党から、メッセージが放たれる。

正しいとされるかも知れないけど、おもしろいとは限らない。


純粋な気持ちを持っている奴ほど純粋に汚されて、純粋に壊れていくのを見た。
真っ直ぐな線なんて実はない。

右手に繊細すぎる感性で出来た剣を持ち、左手に無神経の盾を持つ。

そのうちどっちの手にどっちを持っていたかわからなくなる。


ひねくれきった科学者が偶像破壊兵器、その名もトーテンポールを作った。
彼はポリシーとして動物実験を用いなかった。

金、権力、教祖、『みんな』、普通さぁっていうアタマの文句。

科学者のもとを訪ねてくる人間は、年齢層問わず多感なタイプがおおかった。
中年の女性の層が最も少なかった。

誰それもこの健康食品使ってますよって言葉に溺れる様な層の人間は偶像こそが杖だ。


小学生の訪問者がきた。

彼の偶像とは。

放課後、有志のソフトボールクラブに参加すると真面目で偉いみたいな空気感だった。

やたら熱血に指導する国語教師。

練習のたびに観に来ては、おぼつかない足で文句を垂れる地元OBの老人。
その老人は、週末のたびにお菓子あげるからといって宗教の集いに誘ってくる。

やたらと声を掛け合う同級生。


少年から偶像を取り除いた。



科学者はやたらひねくれていたけど、動物が好きだった。

科学者と動物の関係はいつも対等で、そこに社会性はないからだ。

存在だけが本当のことっていうのがわかりやすくて単純でちょうどよかった。
あとは想像すればいい。


実際、君が生きている世界が美しいとも限らないし、正しいとも限らない。

だって知らないし、わからない。
想像するしかない。
posted by mtbr at 06:59| mtbr.spc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Archives
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。